子どもの頃、友人が楽しげにラジコンで遊んでいる姿を見ているだけだった!

俊平です、都議選で小池氏の支持が広がらず自民党現有議席に近い議席を維持した場合、安倍政権の支持率が高いうちに衆院選を断行すべきだとの機運は高まる。
衆院議員の任期の折り返しが過ぎており、首相や党幹部も次期衆院選について常在戦場と繰り返す。
党内には今秋以降の衆院解散・総選挙の可能性を指摘する向きもある。
都議選の歴史をひもと くと、選挙結果が政権交代や首相退陣の引き金になった経緯がある。
09年7月の都議選では、自民党は38議席と惨敗する一方、民進党の前身である民主党が54議席を獲得。
直後の8月衆院選でも自民党は大敗し、民主党政権の誕生につながった。
1993年6月の都議選は、前年に誕生した日本新党が20議席を獲得。
自民、公明両党に次ぐ第3党に躍進した。
翌7月の衆院選では自民党過半数を割り、日本新党細川護熙代表を首相とする非自民・非共産の連立政権が発足した。
当時、日本新党参院議員で候補者擁立に携わったのが小池氏だった。
都知事に就任した後、小池氏は24年前の都議選にたびたび言及している。
小池氏は成功体験の一つとして国政を視野に入れているとみられるため、自民 党幹部はまさに今、小池氏はあの時の同じ体験をなぞろうとしていると警戒する。
一方、都議選で第1党を自民と小池系が激しく争う中、民進党の埋没が際立っている。
都議選の公認候補36人のうち、3分の1を超す14人が離党届を提出した。
公認ではない都議2人も合わせると離党者は計16人を数える。
都民ファーストからの支援を求めて離党を決断する人も多く、融解に歯止めがかかっていない。
戦う体制がとれていないのが現状だ。
では、「ラジコンの通販」に関するお知らせです。
ラジコン通販
ラジコンの歴史を振り返ってみましょう。
ラジコンは、送信機技術の進歩とモーターと連動するサーボ技術などが長い年月をかけて発展し、現在では多くの方が手頃な価格で購入できるようになりました。
子どもの頃、友人が楽しげにラジコンで遊んでいる姿を見ているだけだった!
……そんな思い出を持っている方が多くいらっしゃると思います。