なかなか自分でお取り寄せするといっても簡単にはできないけど、ギフトで貰えたらうれしい!…

俊平です、変化への期待が高まる韓国と変化の乏しい日本。
この違いは大きい。
最近、韓国を訪問したみずほ証券の菊地正俊チーフ株式ストラテジ ストの実感だ。
半導体の好況やウォン安を手がかりに、韓国最大のサムスン電子の株価は3月に過去最高値を付けた。
事実上のトップ、李在鎔副会長の起訴に揺れるが、株式市場は事件を契機にガバナンス体制が強化されると期待する。
企業統治では韓国の先をいく日本だが、最近は改革の停滞感を指摘されがちだ。
韓国は5月9日の大統領選に向けて、朴槿恵前大統領の混乱を乗り越えて内政も安定に向かうとの前向きな声がある。
日本では円高の逆風が吹く。
円高で物価上昇期待がしぼんでしまったのは痛い。
BNPパリバ証券の岡沢恭弥取締役は日本は内憂外患に陥っていると話す。
円高が進むほど日銀の政策の手詰まり感が意識され、海外マネーのさらなる日本株離れを招くとの懸念 だ。
国内機関投資家の動きもぱたりと止まった。
運用額の大きさからクジラと呼ばれる年金積立金管理運用独立行政法人
国内株の配分比率はすでに基本ポートフォリオ通りになっており、積極的な資金流入は期待しづらい。
株価下落リスクに備え、オプション市場では日経平均の売る権利の取引が活発だ。
株安時の損失を限定しようと投資家が動き、オプション価格は上昇傾向にある。
変化の芽が内側から出てこない日本は、外部環境の変化に対する耐性が弱い。
15日の故金日成主席の誕生日など、北朝鮮では重要イベントが続く。
仮に地政学リスクが後退しても、相場の芯が脆弱なままでは、市場関係者は神経をすり減らすばかりだろう。
次に、こんな話題もどうぞ。
神戸牛の通販お取り寄せもギフトもココが私のお勧めです。
http://www.xn--0ou227a2if.net/
日本が世界に誇る和牛ブランド、「神戸牛」のお勧め通販サイトをご紹介させていただきます。
一度は手に入れてみていただきたいのが…高級なお肉なだけあって、なかなか自分でお取り寄せするといっても簡単にはできないけど、ギフトで貰えたらうれしい!…という気持ちの方は少なくありません。