いろいろな素材や厚み、長さなどの試行錯誤を繰り返し、やっと完成したのです。

俊平です、中国経済の短期的な回復の見込みは大半の予想よりはるかに明るいが、おごりに近い不気味な意識が中国の戦略的な集団思考に忍び込んでいるようだ。
米国が内向きになる中、中国の意思決定者はグローバルなリーダーシップの劇的 な変化から生じる可能性に思いを巡らしているとみられる。
私は、米国が入らない枠組みである東アジア地域包括的経済連携や中国と欧州を結ぶ一帯一路構想、中国が主導するアジアインフラ投資銀行といった、中国を中心としたグローバル化の可能性について繰り返したずねられた。
まるで中国がトランプ米大統領の米国第一主義によって生じる空白を埋めようとしているかのようだ。
中国は歴史を熱心に学んでおり、グローバルなリーダーシップと経済力のシフトは突然起こるものでなく、非常にゆっくりと進むことを知っている。
それでも私は、中国が現状をまったく異なった視点からとらえているという感触を得ている。
偉大な破壊者であるトランプ大統領は、グローバル化のルールを変えて しまった。
中国の多くの人々は、今がグローバルな大国として手綱を握る機会なのだろうかと考えている。
しかし中国が念頭に置かなければならないもう一つの歴史の教訓がある。
歴史学者ポール・ケネディ米エール大学教授が長年主張しているように、興隆した大国の衰退は、国家による勢力圏の拡張が国内のファンダメンタルズの弱さによって損なわれてしまう地政戦略学的に手を広げすぎた状況の下で起こる。
グローバルなリーダーシップは国内の強さから始まる。
中国の場合、指導部が新常態と呼ぶ約束の地に到達する前に、リバランスとリストラの道のりが待っている。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
天使のはねランドセル
http://www.xn--eck2bb9c8a4kqa4db.com/
【天使のはね】は「重心を上に上げたら軽く感じるのではないか?」という発想で肩ベルトが上に持ち上がる作りになっているのです。
セイバンでは肩ベルトを上げるためにいろいろな素材や厚み、長さなどの試行錯誤を繰り返し、やっと完成したのです。
開発に携わったのは、ランドセル作り40年のマイスターです。
たくさんの知恵と実験で生まれたのです。